百薬の館

ジャズ・ヴォーカルのつまみ食いサイト 番外編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leila Martial "Dance Floor"

folder_20120401112407.jpg

Leila Martial "Dance Floor" ★★★★

フランスの新人Jazz Vocalist。歌のスケールの大きさに圧倒される。
久々の大型本格歌手の登場。

01. Avant De Sourire
02. Dance Floor
03. Left Alone
04. Toc
05. Matins D'automne
06. Quitte La Cape
07. Petite Fêlure
08. Voyageur...
スポンサーサイト

Inger Marie "For You"

folder.jpg

Inger Marie "For You" ★★★★

4枚目のアルバム。余計なものをはぎ取って、無意識に再構築された美しいアルバム。
柔らかさが一段と増してきています。私が入手したのは韓国版。

1. Take On Me
2. Answer Me, My Love
3. Compassion
4. I Go
5. Blue Eyes Awake
6. Crying In The Rain
7. What It Means To Me
8. You Stole My Heart
9. I Will Always Love You
10. Kiteflyers Hill
11. Om natten..
12. I'm In The Mood For Love ※

Inger Marie Gundersen (voc), Per Willy Aaserud (tp), Lars Jansson (p), Ulf Wakenius (g),
Jesper Bodilsen (b), Morten Lund (d) + Rasmus Solem (keyb, producer).

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

Lauren Henderson "Lauren Henderson"

LaurenHenderson.jpg

Lauren Henderson "Lauren Henderson" ★★★★-

NYで活躍しているというヴォーカリスト。ハスキーで艶やかな歌い方に
クラクラきます。バックの音質が良いのもポイント高い。スウェーデン語で
歌うT-10が決め手で購入。英語のほかにポルトガル語、スペイン語もこなす。

Track List
1. Dindi
2. Skylark
3. More Than You Know
4. Veinte Anos
5. I Should Care
6. Do I Love You?
7. Só Tinha De Ser Com Voce
8. I Got It Bad (And That Ain't Good)
9. Born to Be Blue
10. Monicas Vals (Waltz For Debby)
11. Taking a Chance On Love

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

Tony Bennett "American Classic" [DVD]

aaa.jpg

Tony Bennett "American Classic" [DVD] ★★★★☆

自分が男性ボーカルに惹かれるとは全く思っていなかったので、ちょっとビックリ
しているところ。
それにしてもアメリカのショウビジネスは奥深い。映像の美しさ、構成の洗練さに
は本当に引き込まれる。共演者との掛け合いも掛け値なしに良いのですがが、
個人的には"Tony Bennett Dancers"に結構萌えましたwww。至福の40分間。

Tracks:
1."Smile" Barbra Streisand
2."Sing You Sinners" John Legend
3."Because Of You" k.d. lang and Chris Botti
4."The Best Is Yet To Come" Diana Krall
5."The Shadow Of Your Smile" Juanes
6."Rags To Riches" Elton John
7."Just In Time" Michael Bubl
8."For Once In My Life" Stevie Wonder
9."Steppin' Out With My Baby" Christina Aguilera
10."I Left My Heart In San Francisco" Tony Bennett

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

Alice Ricciardi "Comes Love"

111.jpg

Alice Ricciardi "Comes Love" ★★★★
イタリア・ミラノ出身のジャズ・シンガー、アリス・リシャルディのデビュー・アルバム。
当然ながらジャケ買いな訳ですが、冒頭"Comes Love"の腰の入った歌い方に直ちに
ノックアウトされました。カッチリした中にもふくよかさを持っていることが彼女のポイント。

1. Comes Love
2. Summer Song
3. Give Me The Simple Life
4. I Was Doing Allright(The Goldwyn Follies)
5. I'm Gonna Laugh You Right Out Of My Life
6. Who Cares (As Long As You Care For Me)
7. If I Should Lose You
8. The Boy Next Door
9. I'll Remember April
10. Ghost Of Yesterday
11. Here Lies Love
12. By Myself
13. Le Tue Mani
Recorded: 20 June 2006, 30 May - 1 June 2007

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

Aga Zaryan "A Book Of Luminous Things"

abookofluminousthingsag.jpg

★★★★
Aga Zaryan "A Book Of Luminous Things"
ポーランドのジャズヴォーカリスト、アガ・ザリアンの2011年最新作。
暖かみのある声がとても気持ちよい。まるで目の前で歌っているような録音が”なまめかしさ”を感じさせてくれる。
多分今年のベスト10に入るアルバム。

1. Music Like Water
2. Like A He-Bear And She-Bear / Falling Asleep / Sleepy Eyelashes
3. This Only
4. Eye Mask
5. Autumn Quince
6. Meaning
7. A Gift
8. A Parable Of The Poppy
9. I Talk To My Body
10. A Song On The End Of The World
11. On Prayer
12. This World

Aga Zaryan(vo)
Michal Tokaj(p)
Larry Koonse(g)
Darek Oleszkiewicz(double b)
Munyungo Jackson(perc)
Polish Radio String Orchestr

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム

nuardetskontattleva.jpg

★★★★☆
Monica Zetterlund "Nu är det skönt att leva"

1. Folkvisa Ifrån Sätra
2. Adagio
3. I Valet Och Kvalet
4. Trubbel
5. Zäpovalsen
6. Krama Mig Och Dansa
7. Huldrans Sång
8. Hej Man
9. På Lyckans Smala Hav
10. Siv Och Gunne
11. Vart Tog Du Vägen
12. Jungfru Maria
13. Elin I Hagen
14. Så Skuggar Jag Dej
15. Sommarregn
16. Nu Är Det Gott Att Leva
17. Kom

T1-T5(Monica-Monica) 1971, T-6,7(single) 1972, T-8-17(Hej, man!) 1975

ある種吹っ切れたような70年代も大好きです。"Monica-Monica","Hej, man!"がCD化されていないようなので、貴重盤ですね。捨て曲無しですが、T-13の深さはさすがです。


テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム

monicamonica.jpg

★★★★☆
Monica Zetterlund "Monica - Monica(1971)"
プログレ・ロック風のSwedish Jazzとでもいうのでしょうか。バカラック、ジョージ・ハリソン、スティーブ・カーンの曲をカバーしたりと、そのアレンジも楽しめるアルバム。6曲でGals&Palsのコーラス(スウェーデンでは有名らしい)も参加しており、豊かな彩りを添えています。なんといってもSideA T-3の重たいリズムに絡む2人のMonica(もう一人はDominique)のスキャットが素晴らしい。Monica Dominiqueという人はよく知らないのですが、このアルバムではアレンジとピアノも担当しています。


テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム

monica.jpg

★★★★☆
Monica Zetterlund "Monica(1967)"
ここまで飛んでしまうとは、ただ者ではありません。多分、60年代欧州の音楽シーンが色濃く影響しているのでしょう。T-10などはBrigitte Fontaineにも通じる世界が出現します。


テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム

Celebrating an Imperfect Life 1

★★★★
Sidsel Marie"Celebrating An Imperfect Life"
デンマークのSSW、シゼル・マリーのデビュー・アルバム。全曲彼女のオリジナル。
ギターによる静かな弾き語りの曲がほとんど。Jazz Vocalとしたが、かなりPops色が強い。
心安らぐ歌い方が個人的にはツボ。


テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム

Carmen for Cool Ones

★★★★

Carmen McRae "Carmen for Cool Ones"
タイトルからして相当にハイセンスで、またアルバムのトーンも確かにクール。
T-12"I Remember Clifford"の静かに登り詰めていく様はまさにこのアルバムの
ハイライト。1957年の作品。

Carmen McRaeの個人的ベストは、Clarke-Boland Big Bandとの"November Girl"

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム

Live a Lolympia

Lisa Ekdahl "Live a L'olympia" ★★★☆

タイトル通り、彼女初のライブアルバム。
ロリ度が高くて、やや食傷気味かも・・・。


テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム

Coco dOr 3

Coco d'Or "Coco d'Or 3" ★★★★

癒やし系のJazz Vocal、特にT-5.Alfie以降の数曲の可愛らしさは絶品。
でも、1作目・2作目よりはインパクト小さくなっているのは否めない。

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム



1. Kaz Simmons / Different Smile ★★★☆



2. Tuomi / Exepense Of Spirit ★★★☆



3. Sara Gazarek / Return To You ★★★☆



4. Margareta Bengtson / I'm Old Fashioned ★★★☆



5. Elizabeth Shepherd Trio / Start To Move ★★★★



★はファースト・インプレッションなので、聞き込むと変わる可能性有り。

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム

scandinavianyuletidevoice.jpg


1. Mike Pohjola / Scandinavian Yuletide Voice ★★★☆

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム



1. Lisa Lovbrand / Embraceable ★★★★

  とびっきりの美人

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム

1. Szaloki Agi / Hallgato / Lament ★★★★
2. Christina Gustafsson / Moments Free ★★★★

 今日は久々に”当たり”でした。

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム

Blue.jpg


Diana Ross / Blue


テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム

withasonginmyheart.jpg


1. Jacqui Hicks / With A Song In My Heart ★★★☆


伴奏はピアノ・トリオを基本に、3曲ではtpが加わり、ティナ・メイとのデュエット曲も1つ。曲はスタンダード中心。中低域の声質でそつなくオーソドックスに歌うが、T-10等を聞くと粗が目立つのも確か。33Jazzの空気感が好きなのと、ゲスト参加曲が上手いアクセントになっているのでこの評価。Bounus TruckのT-14はライブだが、ここでの情感表現力は高い。

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

本日のアルバム



1. Paulien Van Schaik / Musing





2. Kristin Asbjornsen / Wayfaring Stranger - A Spiritual Songbook

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。